AV「ブリンブリンにキメこんでカリフォルニア」女優ロードをゆく!

西海岸はとても暑い!着ているモノをみんな脱いでしまおう!
「ブリンブリン(Bling Bling)」とは煌めく装飾品をに身つけて自分をアピールすることを意味している。素肌に直接身につけることで更にパワーアップ!キラキラ光るナイーヴでゴージャスな雰囲気にみんなが釘付けになることは間違いナシ。西海岸の夏は大西洋側より二か月は早いと言われている。多くアーティストがここを訪れ多くのインスピレーションを受けるところでもある。ビーチから聞こえてくるサウンドはとってもご機嫌なナンバー。もうじっとしてなんていられない。素肌で海に飛びこもう!
入り口→ブリンブリンにキメてみちゃう!?
海のモズク?になろうとも、こころからキミを愛している!
朝日が昇る前に海岸に行こう。大通りを横切ればそこはドリーミンなバハ・カリフォルニア。朝の波が心地よくサーフボードを押し上げてくれる。君のジョブは女優。全て演技でも構わない。その瞳の奥に隠された本当の姿を誰も知らないだけなのさ。一生に一度のチューブ・ライド・オンに巡り合えたら最高だね。砂浜で戯れてもいい。フルーツだけを食べて生きてゆく。色あせることなんて何もない。はじめからシャインレッド・オンリーなのだから。
クリック→日焼け前のきみも見ておきたい
サンセット・タイムの蜃気楼。消えないで、絶対離さない!
スコールがやってくる。濡れた水着は気にしなくてもいい。きっとサンセット・タイムには間に合うだろう。オートフォーカスはとっくに解除してある。素顔のままでいてほしい。歪むほどの光量が巨大な太陽を平面化させれば夕凪の時間がやってくる。おくれ毛は君と知りあった時間と同じ長さを意味しているんだ。ファインダーのなかに小さくおさまっていたあの頃の君がいまここにいる。レンズを通してきみの瞳が僕の視線と重なる。始まったばかりのストーリー、今度は絶対に離さないと思う。
通り雨もいいネ→サン・ゴーズ・ダウンの瞬間に!
ミドル・テンポのチークダンス、南十字星を捕まえる!
リゾート・クルーズで沖にでたら、夜のデッキに出てごらん。とっておきのものが用意してある。気に入ってくれたらいいのだけど・・・。スタン・ウォークを伝ってその先にあるサザンクロスをつかまえよう。シャンパンに沈めていっきに飲み干す北極星は真上に位置して、僕らのクルーザーは波に船体をゆだねたまま。そのストロークは僕らが揺れるダンスにシンクロして大きななだらかなリズムうを生み出している。ここから新たな旅が始まり、南洋の夜は深まってゆく。
押し気味→この揺れ加減がたまらない。
教えてほしいこと全て、お口の限りでスペース・ファンタジー
教えてほしい、あなたのこと。全てを投げ出したって平気さ。ここには全てが揃っている。必要なものから用意しよう。ディナーのテーブルで向かい合えば自然に会話も弾むはずだね。波の音で聞こえないふりしても口移しなら全てが分かる。息の触れあう距離を意識して隣り合う絶妙の間隔に僕らはあると言っていい。大人になったぼくを見てほしい。成長した体を試して欲しい。あなたのとっての何千分の一の存在でも構わない。その細い指で触れられる瞬間をボクはいつまでも待っている。
くりっく→まずはお口経由でトラッキン!!
雲海を飛ぶ。上空10000メートルからアイ・ラブ・ユー!
もぞもぞっとしたって、かまわない!どんなことだってここでは受け入れてもらえそうな気がするんだ。君のことを誤解していたのかも知れない。それはとっても大きな存在で全身で全てを包みこんでくれた。かつて人類は南周りの航路をとって大陸を横断していた。それは困難であったかもしれない。けれどゆとりでもある。窓から夜景が見える。小さな明かりが見える。君のぬくもりを感じながら赤道を横切る。カリブの海は今現在も僕たちの宝石なんだ。
いりぐち→もぞもぞしてても、かまわない!?
エンドレスな夏をゆく僕らのダイアリー。
ここで君のことを祝福できるなんて夢にも思わなかったよ。こんなにリアルな時間を体験できるなんてなかなかないね。一歩踏み出せば日付変更線を超える。きみのバースデーが目の前にある。また一つ大人になる。かえりは飛行機もいいけれど、ここが気に入ったら帰らなくてもいいんじゃない。もっと南に向かう切符を手に入れたんだ。方法なら沢山ある。覚めない夢を見ていたい。パラシュート、本気でふたつ用意してあるんだ!
アバンチュール!!→尽きることのない気持ちのまま行こう!