AV女優の豊かな育成環境

↑入り口

今日ではパソコン・携帯電話を代表とするインターネットメディアには過去何世紀にもわたって人類がつむいだ量に相当する言葉や文章が
常に更新され続けている。一見そこに言葉の揉みは無いかのように見えて実は巨大な可能性と危険性をはらんでいると言える。

言葉を実感として受け止めない限りこの二つを感じることはなかなか難しいのではないだろうか。
受け取り側によっては言葉によって傷つき深く残る場合がある。
これは肉体的なものと同等と考えられる。むしろ肉体的接触は希薄になっている現代においてナイーブなコミュニケーションに慣れ親しんだ現状では
この傾向は更に多くなると考えられる。

頻度が少ない場合はヒューマンエラーとして許される場合もあるが、そのエラーの大元をたどり。コミュニケーションにおける利己的な癖や
一般的常識と常に照らし合わせて修正し続けることが重要だと考えられる。