AV女優の熟モノです
インターネットの画面の中は人間が作り上げたものだから、無限ではない。

現存するサイトやページを全て閲覧するには、

ひとりの人間の寿命では到底成し得ることができない位に膨れ上がった。

ではいったい何が見えてくるだろう。

デジタルを仮想現実と言い換えることは通常を通り越して、不自然ともいえる。

物体としては実在しなくても、音や写真や文章は実在している。

それらは明らかに1990年代以前にも存在していた。だからもはや仮想と言う言葉には語弊さえ感じる。

結論を言おう。ここに座ってインターネットに向かっていても部分的なものしか手には入らない。

例えば海や山に更に街に自分で足を運ばない限り、わからないことだらけだ。

誰かが現実世界で採取してきたものを情報としてインターネットにアップし

それらをユーザーたちが価値観に応じて共有しているだけだ。

ちょっとした例を上げよう。


↑入り口